女子ログ 信じる者は救われる

 知人から「出雲国神仏霊場」巡りを勧められた。「かなり気持ちが変わるから」と。ちょうど、自分の中でとても重たい気持ちを抱えていた。勧められたのも何かの縁と、友人と2人で挑戦することにした。

 出雲地方の20社寺を巡る旅は地元・出雲市から。出雲大社に朝一番に参った。御朱印をいただき、すぐに鰐淵寺と一畑薬師へ。紅葉はまだだった。初日は3カ所で終えた。

 2日目は雲南市の峯寺、須我神社から出雲市の須佐神社、長浜神社へ。須我神社で御朱印をお願いしていると、年配の女性に「奥宮があるよ」と教えてもらった。これは行けということなんだな、と思った。

 約10分の登山。1歳の息子を抱っこし、覚悟を決めて登った。緩やかな山道はどんどん険しくなり、終盤はかなり勾配のある階段。息があがり、頭がくらくらした。登りきると、目の前に三つの岩が現れた。同神社の祭神であるスサノオノミコトと稲田姫、その御子神の岩だという。空気が澄んでいて、気持ちが軽くなった気がした。今日はそんな日なんだな。直感を大切に生きようと日頃から心がけているので、何か意味があると信じている。

 目標は年内に20社寺全てに参ることだが、果たしてできるのか。でも、やり遂げた後は何か違う景色が見えているはず、と期待している。

 (出雲市・キャリ・フミ)

2016年12月8日 無断転載禁止