レッツ連歌(下房桃菴)・12月8日付

(挿絵・FUMI)
 言っちゃ悪いが言わなきゃ分からん

人前でイチャイチャするなバカップル

               (浜田)放ヒサユキ

カニじゃないカマボコですよお父さん

            (沖縄・石垣)多胡 克己

首じゃないお辞儀は腰でするものだ

               (松江)安東 和実

お父さん洗濯タック付いてます (江津)星野 正子

お母さん返事するのはこの子でしょ

               (雲南)妹尾 福子

奥さんが浮気してるの知ってるか(出雲)行長 好友

病名を告げる心を鬼にして   (松江)庄司  豊

うちの子はやればできる子なんですよ

               (松江)植田 延裕

おしろいを塗りすぎるから目立つシワ

               (松江)永瀬 秋風

玄関に隣の枯れ葉降り積もり  (益田)石川アキオ

行列にそ知らぬ顔で割り込んで (松江)立原 松子

その話もう三回は聞きました  (出雲)太田 侑男

靴のまま座席に立ってはしゃぐ子ら

               (松江)野津 重夫

営業に行くのに餃子(ぎょうざ)食べる部下 (益田)可部 章二

釣り書きは満点だったウチの嫁 (浜田)勝田  艶

気づくのが遅すぎたなァお母ちゃん

               (美郷)源  瞳子

いただいた祝儀袋の中はカラ  (出雲)栗田  枝

人様の前で身内にさんを付け  (松江)相見 哲雄

一袋いつも置いてく収集車   (松江)岩田 正之

今どきの嫁のすることしないこと(雲南)安部 小春

なまってるアンタの英語出雲弁 (雲南)横山 一稔

塩なめて大学出した恩を知れ  (松江)佐々木滋子

ネクタイを二本も締めて行きますか

               (松江)田中 堂太

さっきからいやに気になる咳払(せきばら)い(益田)吉川 洋子

形だけハンカチ当てて鑑(み)る掛軸 (江津)花田 美昭

東大はこの点数じゃEランク  (出雲)安食 直美

クスクスはこれだったかと知るトイレ

             (出雲)はなやのおきな

事故起こす前に返納してほしい (浜田)松井 鏡子

晩酌はほどほどにしてお父さん (松江)澄川 高子



 石垣島のお父さん、「カニじゃない」と、ちゃんと良心的に書いていませんでしたか。

 「町内で知らぬは亭主ばかりなり」という古川柳が、これまでどうもピンとこなかったというかたは、好友さんの句をご参考に!

 哲雄さんのお腹立ちはごもっとも。

 私がもっと気になるのは、安物の時代劇で「お吟と申します」などと、自分の名前に「お」を付けるアレ。「サッちゃん」じゃあるまいし、いい大人がねぇ…。

 ズス・エズ・ア・ペン―。いいがね、出雲弁英語。

 私は関西の出身ですが、小学生のころ、国語の本読みのときだけ東京風のアクセントになる子がいて、みんなから「ええかっこしィ」と呼ばれておりました。中学生になると英語を習いますが、どこで覚えてきたのか、「ビューリフォー」なんて発音をして、やっぱりひとり浮いていましたね。私たちの場合、関西なまりの英語が唯一、正しい英語だったのです。



 来年の新春特集の前句は、

  肩車して持たす福笹

 「福笹」は、本来は十日戎(えびす)の縁起物なのですが、どこの神社でいただくにせよ、笹に小判や鈴や米俵を飾りつけた、そのようなものならすべてOK、ということにしておきましょう。

 お正月のことです。常連さんはもとより、今回たまたまレッツを目にしたというかたまで、めでたい五七五を付けて、みなさん、福をお授かりください。

(島根大学名誉教授)

2016年12月8日 無断転載禁止

こども新聞