島根 接戦制し8連勝 Bリーグ2部

【第22戦・島根―西宮】第3クオーター、島根の高畠がシュートを決める=兵庫県三田市、駒ケ谷運動公園体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは11日、アウェーの兵庫県三田市の駒ケ谷運動公園体育館で第22戦を行い、中地区2位の西宮ストークスに65-64で競り勝った。今季初の8連勝とし、通算17勝5敗で西地区2位をキープした。

 島根は第3クオーターまで成功率50%以下のフリースローの得点差でリードされたが、第4クオーターに相手のシュートミスに乗じて最大9点差を追い付き、辛勝した。

 第23、24戦は17、18日、松江市総合体育館で中地区1位のファイティングイーグルス名古屋(昨季NBDL1位)と対戦する。


 ◇第22戦(11日・駒ケ谷運動公園体育館、918人)
 島  根 65 17-21 64 西  宮
17勝5敗    14-14   15勝7敗
         13-17
         21-12


65-64西地区2位キープ

 【評】島根はシュート精度が上がらず苦戦。低調だったフリースローの成功率が上がった第4クオーターに逆転し、辛くも逃げ切った。

 第3クオーターまで成功率46・2%(13本中6本)のフリースローの得点差で、同88・9%(18本中16本)の相手を追う展開。

 44-52で迎えた第4クオーターは、立ち上がりに一時9点差と開いたが、リードのジャンプシュート、高畠の3点シュートなどで51-55と追い上げた。

 さらに、フリースロー7本で58-58と追い付いた後、一進一退の展開から、山本のパスを受けたデービスが自らドリブルで持ち込んで残り8秒でシュートを決め、65-64とした。

2016年12月13日 無断転載禁止

  • 47クラブ