島根・米子境港 「2017年 日本政治の行方」

    本田 雅俊氏
 『安倍・日本丸』の針路は? 2017年の政局を占う

 講 師 金城大学特任教授  本田 雅俊氏

 演 題 「2017年 日本政治の行方」


 山陰中央新報社の「島根政経懇話会」「米子境港政経クラブ」は、平成29年1月23日(月)・24日(火)に定例会を開催します。今回は金城大学特任教授で政治アナリストの本田雅俊氏を講師に迎え「2017年 日本政治の行方」をテーマにお話しいただきます。

 政権発足以来、高い支持率を維持する安倍内閣。自民党総裁任期の延長も決まり、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に向けて超長期政権の様相が強まっています。一時ささやかれた、年明け早々の解散総選挙も実現の可能性は薄く、政界の構図は変わらないようです。

 世界に目を向けると、同盟国・アメリカで8年ぶりに共和党政権が復活、大統領にはドナルド・トランプ氏が就任します。韓国では朴槿恵(パククネ)大統領の任期途中での辞任が迫っています。またロシアのプーチン大統領が来日、安倍総理と領土問題などで突っ込んだ話し合いが行われましたが、依然として双方の主張に大きな隔たりがあり、具体的な成果は得られていません。

 講師に迎える本田氏は、学者でありながら、永田町および政権内部の人脈に太いパイプを持つ新進気鋭の政治アナリストです。講演では『1強多弱』で権力が集中する安倍政治の死角、懸案山積の外交問題、弱体化が指摘される民進党など野党の動向など、最新情報を交えて日本政治の針路、2017年の政局を占っていただきます。どうぞご期待下さい。


<本田 雅俊氏のプロフィール>

 1967(昭和42)年、富山県生まれ。慶応大大学院修了。内閣官房副長官秘書、米ジョージタウン大客員准教授、政策研究大学院大学准教授などを経て2012年から現職。政府関係の公職も多く務める。「総理の辞め方」など著書多数。

                         (本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

http://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/index.html

2016年12月16日 無断転載禁止