三菱マヒンドラ農機の17年3月期中間決算

 農機大手、三菱マヒンドラ農機(株)(松江市東出雲町揖屋、末松正之社長)が発表した2017年3月期の中間連結決算(16年4~9月)は、国内販売の需要低迷や円高の影響で、売上高が前年同期比13・9%減の235億6700万円、経常利益は67・8%減の4億3100万円となった。(12月20日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2016年12月20日 無断転載禁止