澤井珈琲、焙煎豆生産量6倍に 竹内団地に第3工場建設

 コーヒー豆の加工販売や喫茶店経営を手掛ける(株)澤井珈琲(鳥取県境港市竹内団地、澤井幹雄社長)が、竹内団地内に第3工場を整備し、2017年2月に操業開始する。インターネット通信販売の伸びを受けた対応で、焙煎豆の1日当たり生産量を従来の6倍に増大させる。(1月1日号)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2017年1月2日 無断転載禁止