島根勝利 新春飾る Bリーグ2部

【第27戦・島根-青森】第2クオーター6分37秒、島根のマーシャル(左)がシュートを決め39-22とする=松江市総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは2日、ホームの松江市総合体育館で第27戦を行い、東地区の青森ワッツを77-65で下し、3連勝で通算21勝6敗とした。順位は、1試合多い2位広島と0.5ゲーム差の西地区3位。青森は東地区4位から5位に下げた。

 島根は第1クオーターで25-10とし、安定した守備でリードを保った。

 第28戦の3日も、同体育館で青森と対戦する。

 ◇第27戦(2日・松江市総合体育館、1598人)

島  根 77 25-10 65 青  森
21勝6敗   16-18    12勝15敗
        17-17      
        19-20 

序盤にリード 流れ渡さず

 【評】島根はプレスの効いた、粘り強い守備から第1クオーターでリズムに乗り、一度もリードされなかった。

 第1クオーターは、1分43秒の4-4から流れを変えた。その後6分すぎまで失点せず、15-4とし、さらに呉屋の2本の3点シュートなどで25-10とリードを広げた。

 第3クオーターは、50-42まで詰まったが、デービスがスチールからダンクを決めるなどし、流れを渡さなかった。

2017年1月3日 無断転載禁止

  • 47クラブ