島根 青森を逆転 Bリーグ2部

【第28戦・島根-青森】第4クオーター8分31秒、島根のリードがシュートを決め75-72とする=松江市総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは3日、ホームの松江市総合体育館で第28戦を行い、東地区5位の青森ワッツを81-73で下し、4連勝で通算22勝6敗とした。試合がなかった広島ドラゴンフライズと勝敗で並び、対戦成績3勝1敗で上回る島根が西地区3位から2位に上がった。

 島根は第1クオーターから追う展開となったが、52-60で迎えた最終クオーターにインサイドを中心とした攻撃で逆転した。

 第29、30戦は21、22の両日、アウェーの山形市総合スポーツセンターで東地区3位の山形ワイヴァンズと対戦する。

 ◇第28戦(3日・松江市総合体育館、1386人)

島  根81 19-26 73青  森
22勝6敗  19-18 12勝16敗
        14-16
        29-13

最終Q猛攻2位浮上

 【評】島根は相手の成功率の高いシュートでリードされたが、ペースをつかんだ第4クオーターで逆転した。

 前半はチェックの甘さから、相手に3点シュート10本中8本を決められるなど最大11点リードを許した。

 52-60で迎えた第4クオーターの中盤から安部の2本の3点シュートやデービスの速攻などで追い上げ、71-72とし、7分36秒のリードのフリースロー2本で逆転。その後は焦る相手のシュートミスから確実にリバウンドを押さえ、ファウルゲームとなった終盤はフリースローで突き放した。

2017年1月4日 無断転載禁止

  • 47クラブ