石見・石西 「2017年 どう変わる世界と日本」

    伊藤 さゆり氏
 『EU』で顕在化した、経済危機の深層に迫る!

 講 師 ニッセイ基礎研究所上席研究員  伊藤 さゆり氏

 演 題 「2017年 どう変わる世界と日本」


 山陰中央新報社の「石見政経懇話会」「石西政経懇話会」は、平成29年2月7日(火)・8日(水)に定例会を開催します。今回は、ニッセイ基礎研究所上席研究員の伊藤さゆり氏を講師に迎え「2017年 どう変わる世界と日本」のテーマでお話しいただきます。

 英国のEU離脱後、分裂の危機を深めるEU。ユーロ危機、難民問題など様々な問題にどう対処していくのか-。英国民が「EU離脱」の道を選択すると、市場はパニック状態へと陥りました。先行き不透明な状況はいまだ変わらず、他方で世界経済は金融緩和と規制強化によるリスクを抱えています。

EUはこのまま分裂へと向かうのか? 今後リーマン・ショックのような危機は再来するのか? EU問題のエキスパートで、欧州経済に通じる新進気鋭の女性エコノミストが、EUで顕在化した危機の深層に迫り、いま地方の経済人が知りたい疑問に答え、世界と日本の経済の″これから″を見通します。
どうぞ、ご期待下さい。



<伊藤 さゆり氏のプロフィール>

 1987(昭和62)年、早大政経学部卒。日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)調査部を経て、2001年ニッセイ基礎研究所入社、12年から現職。早大大学院非常勤講師も務める。経済紙に定期寄稿のほか、NHKラジオ番組にレギュラー出演中。主な著書に「現代ヨーロッパ経済論」など。

                         (本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

http://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/index.html

2017年1月5日 無断転載禁止