ガイナーレ J2復帰へ心新た キャンプスタート

J2復帰を目指して、新チームでの練習を始めたガイナーレ鳥取の選手たち=チュウブYAJINスタジアム
 サッカーJ3のガイナーレ鳥取は19日、来季開幕に向け、ホームのチュウブYAJINスタジアム(米子市)でキャンプを始めた。昨季は通算8勝6分け16敗で16チーム中、15位と低迷。グラウンドに雪が残る中、新加入を含む26選手が森岡隆三新監督(41)の下、目標のJ2復帰に心意気を新たにした。

 時折小雨が降る中で迎えた初練習は約2時間、ランニングを中心に軽めのメニューをこなした。ボールを使った練習では6人ほどのグループごとにリフティングからのパスやシュート練習を行った。

 練習を終え、森岡監督は「まだまだ手探りだが、良い空気で汗をかけた。新シーズンはチーム一丸となり迎えたい」と話した。J1ジュビロ磐田から期限付きで移籍したFW岩元颯オリビエ(20)は「新たなスタートでわくわくする。2桁得点を目指してチームのJ2復帰に貢献したい」と意気込んだ。

 J3は3月11日に開幕し、鳥取は第1節の12日、アウェーの吹田スタジアム(大阪府吹田市)で、ガンバ大阪U-23と対戦する。

2017年1月20日 無断転載禁止

  • 47クラブ