島根意地見せ39位 都道府県対抗男子駅伝

島根の2区三浦龍司(左)からたすきを受け、走り出す3区佐藤孝哉=広島市佐伯区楽々園3丁目、第2中継所
 第22回全国都道府県対抗男子駅伝が22日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、山陰両県勢は島根が2時間25分53秒で39位、5年ぶりに40位台から脱した。

中盤以降粘り挽回

 【評】島根は39位で辛うじて5年連続40位台を逃れた。1区22位で滑り出し、3区では41位まで下げたが、4区以降の3区間で区間20、30位台と粘った。

 1区多久和はスローペースの中、縦に伸びた集団で中盤まで進め、ペースの上がった後半も踏ん張った。

 その後は2区三浦が区間34位、3区のエース佐藤が区間44位と頼みの前半で大きく落としたが、続く高校生区間の4、5区で黒木、槙原がしぶとくつなぎ、30位台に滑り込んだ。

2017年1月23日 無断転載禁止

  • 47クラブ