大雪教訓 初動で連携 代替道の確保課題

 鳥取県内で車の立ち往生が相次いだ今回の大雪。2010年年末から11年年始にかけて同県大山町の国道9号で20キロに及ぶ立ち往生を経験した県や国など関係機関は「二の舞い」を防ごうと初動に奔走した。ただ、迂回(うかい)路が限られ、現場到着に時間がかかるなど代替道路の確保が課題に上り、高速道路の早期4車線化を求める声も上がった。

2017年1月25日 無断転載禁止