女子ログ お迎え攻防戦

 1月7日の七草の日、テレビを見ていたら「14、15日の週末は数年に一度の大寒波。なるべく外出を控えるように」とニュースで言っていた。幸い両日とも仕事は休み。早めに買い出しをして、こたつでゴロゴロしようと考えていたら、夜遅く帰ってきた主人が言った。「14日の夜、飲み会があるから迎えに来て」

 いつもなら愚痴を言いつつ迎えに行く。でも数年に一度の寒波の夜は嫌だ。「今回は宿をとって」と言ったら、「ゆっくり飲みたいから、どうしても迎えに来て」と主人も譲らない。会場までは車で1時間、山を越えて行かねばならない。夜の雪道ならどれくらいかかるか。軽自動車だし、山中で動けなくなったらどうしよう。ここは粘らねば。黙ってスマホで検索し、宿の予約画面を出してそっと手渡すと、やっと折れてくれた。

 14日は朝から風が強く、地域のトンド焼きが延期になった。昼には大雪、波浪警報が出た。気温がどんどん下がり、夜には雪が積もり始めた。時折、あられが屋根を飛び跳ねる音がする。やはり、宿を取ったのは正解だったと、こたつにあたりながら思った。

 翌日、無事に帰ってきた主人が晩酌しながら「やっぱり奥さんが迎えに来てくれる方が安心だな」と言った。酔っぱらいの世話は大変だけど、頼りにされているのはちょっぴりうれしかった。 (出雲市・こいちゃん)

2017年1月27日 無断転載禁止