自然遺産候補決定/保護と産業の両立目指せ

 世界自然遺産の候補に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)が決まった。亜熱帯照葉樹林が広がり、アマミノクロウサギやヤンバルクイナ、イリオモテヤマネコなどが生息する九州から台湾に連なる島々だ。

 「独自の生物進化がみられる」「国際的にも希少な固有種に代表される生物多様性保全上重要な地域である」と世界遺産の二つの評価基準を満たし、普遍的な価値があるのは明らかだ。2018年夏に開かれる国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で認められれば、国内で5件目となる。

 自然遺産への登録は、それ自体が目的ではない。人類全体の遺産として保全していくとともに、住民の生活を守ることが真の狙いだ。その点からは現在、大きく分けて二つの課題があるだろう。

 一つは保護の強化だ。ハブ退治などのため持ち込まれた外来種のマングースが、希少種を捕食し生態系に影響を与えている。駆除は奄美大島や沖縄島北部である程度、成果を上げているが、今後も継続的に捕獲し、保全に万全を期してほしい。

 捨てられた犬や猫が捕食する問題もある。野犬、野良猫を捕まえて他の地域に移したり、不妊手術をしたりする対策を進めるべきだ。飼育を放棄しないよう飼い主のモラル向上を求めることは言うまでもない。

 沖縄島北部の遺産推薦区域には、米軍北部訓練場が隣接している。米軍から返還された区域を「やんばる国立公園」に編入し、遺産区域への追加を目指すのは当然だ。残りの訓練場区域は、自然保護の観点からも返還交渉を進めてほしい。

 もう一つの課題が自然との共生だ。これまで世界自然遺産には知床(北海道)、白神山地(青森、秋田)、小笠原諸島(東京)、屋久島(鹿児島)が登録されている。

 世界遺産になることで一時的な観光ブームが起きて多くの人が押し寄せ、過大な自然への負荷が問題化したことがある。自然を守る観点から、立ち入りを制限する動きもあった。

 保護に住民の協力を得るには、自然保護が地域の活性化につながることを証明することが最も近道だ。国や自治体はカヌーやトレッキングなどで楽しんだり、野生動物の様子も観察したりできるエコツーリズムの振興などに力を入れてほしい。さらに地域ごとに林業や農業、観光といった産業と、保護の両立を図るルールを住民と協力して早期に策定すべきだ。

 奄美・沖縄が登録された後は、自然遺産の評価基準をクリアする地域はもうないとされる。次は小規模だが自然豊かな地域を選んで、ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)への登録を増やすことも考えられる手法だろう。

 また、今後の最も大きなチャレンジは、人の手が入ることで維持されてきた里山や里地の生態系を次世代に引き継ぐことだ。

 放置された山が荒れ、イノシシやシカが増えている。里山などの自然を守るため、どの省庁が中心になるのか責任体制を明確にして、自治体や住民を巻き込み誰もが参加できる新しい保護の仕組みを構築すべきだ。

2017年1月29日 無断転載禁止