水素エネ実証拠点が完成、鳥取

 水素エネルギー社会の実現を目指して鳥取県と鳥取ガス、ホンダ(東京都港区)積水ハウス(大阪市北区)の4者が整備を進めていた実証拠点施設「鳥取すいそ学びうむ」が27日、鳥取市五反田町の鳥取ガス本社敷地内に完成した。県などによると、スマート水素ステーション(SHS)と住宅、燃料電池自動車(FCV)を一体整備した施設は全国初。運用試験を経て4月のオープンを目指す。

2017年1月28日 無断転載禁止