中国電力 安来、雲南市と原子力安全協定へ

 中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)から30キロ圏にある安来、雲南両市が中電と原子力安全協定を2月に結ぶ方針を固めたことが30日、分かった。鳥取県や境港、米子両市など、既に締結済みの周辺自治体並みの内容となる見通しだ。立地自治体の島根県と松江市に加え、鳥取県側を含めた30キロ圏の全自治体が中電と協定を結ぶ形となる。

2017年1月31日 無断転載禁止