米子空港1月搭乗者数 ソウル便最多4219人

 米子空港(鳥取県境港市佐斐神町)のソウル便の1月の搭乗者数が4219人となり、2001年4月の就航以来、単月で最多となった。16年10月に発生した鳥取県中部地震の風評被害による落ち込みを一気に取り戻した。同空港では31日、記念セレモニーがあり、関係者が路線の「V字回復」を喜び合った。

2017年2月1日 無断転載禁止