島根 連勝「14」 Bリーグ2部

【第38戦・島根-東京Z】第4クオーター、島根のリードがシュートする=大田区総合体育館
 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは19日、東京都大田区総合体育館で第38戦を行い、中地区3位のアースフレンズ東京Zを73-58で下し、球団記録の連勝を「14」に伸ばした。相手の3点シュートに苦しみ先行を許したが、最後は突き放した。

 島根は通算32勝6敗で順位は西地区首位のまま。2位の広島ドラゴンフライズと1ゲーム差に広げた。

 第39、40戦は25、26日、ホームの松江市総合体育館で中地区4位のバンビシャス奈良(昨季TKbj西地区9位)と対戦する。


 ◇第38戦(19日・大田区総合体育館、1026人)

島  根 73 17-21 58 東京Z
32勝6敗   13-9  16勝22敗
        18-19
        25-9


東京Zに73-58 西首位快走

 【評】島根は第4クオーター中盤以降、ミスが増えた相手から得点を重ね、競り合いをものにした。

 差をつけたのは第4クオーター中盤の54-54から。相手ゴール下でパスを受けたリードのバスケットカウントとフリースローで3点差、速攻から岡本のレイアップで5点差とし、その後も岡本、山本の3点シュートなどで突き放した。

 試合序盤でリードを許し、後手に回ったのが、終盤まで競り合いとなった要因。

 相手に3点シュート8本中5本を決められた第1クオーターは守備の甘さが目立ち、立ち上がりに課題を残した。

2017年2月20日 無断転載禁止

  • 47クラブ