医学者 秦 佐八郎(はた さはちろう)(益田市生まれ)

「サルバンサン606号」をパウル・エールリッヒ博士(左)と共同で発見した秦佐八郎博士(1910年撮影)
恐(おそ)ろしい病気の特効薬(とっこうやく)発見

 かつて、治(なお)らない病気として恐(おそ)れられた梅毒(ばいどく)の特効薬(とっこうやく)を世界で初めて発見した医学者・秦佐八郎(はたさはちろう)(1873~1938年)は、益田(ますだ)市美都(みと)町都茂(つも)の山根道恭(やまねみちたか)とヒデの八男として生まれました。

 野山を駆(か)け回る、わんぱくでいたずら好きの少年は14歳(さい)の時、町内の親戚(しんせき)で代々、医師(いし)の家系(かけい)だった秦家の養子(ようし)となりました。常(つね)に前向きに勉強し、父母を大切にしていたといいます。

 医学の道を志(こころざ)し1891(明治24)年、岡山(おかやま)の旧制(きゅうせい)第三高等中学校(後(のち)の第三高等学校、現(げん)・岡山大学医学部)に入り、優秀(ゆうしゅう)な成績(せいせき)で、同級生たちからは「山の神」、教授(きょうじゅ)からも「恐るべき生徒」と一目(いちもく)置かれていました。

 95年に第三高等学校を卒業し、98年には伝染病(でんせんびょう)研究所に入り、予防医学の第一人者として知られた北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)所長の下でペストの予防(よぼう)法の研究を進めました。

展示されている資料について説明する久保和宏さん=益田市美都町都茂、秦記念館
 1907年にドイツに留学(りゅうがく)し、ドイツ人細菌(さいきん)学者、パウル・エールリッヒ博士が手掛(が)けていた化学療法(りょうほう)の研究に協力。千数百回の動物実験などさまざまな苦労を乗り越(こ)え、10年に梅毒の特効薬である「サルバルサン606号」を発見しドイツの学会で発表しました。

 帰国後の12年には医学博士の学位を受け、サルバルサンの国産化や正しい使い方の普及(ふきゅう)に取り組みました。20年には慶応義塾(けいおうぎじゅく)大学医学部教授となり、医学生の指導(しどう)に当たり、38年、医学にささげた65歳の生涯(しょうがい)を閉(と)じました。

 「医者というのは自分のもうけのためや、自分の身分を高くするためでなく、人の命を守ったり、苦しみを和(やわ)らげたりするための仕事である」という意味の言葉を残しています。

 生家の山根家の隣(となり)には益田市立秦記念館が立ち、明治から昭和にかけての秦博士の写真や手紙、サルバルサンの標本など約200点が展示(てんじ)され、優(すぐ)れた成果を伝えています。

 13年前から、市内の小中学校で博士の功績(こうせき)を紹介(しょうかい)している秦佐八郎博士顕彰(けんしょう)委員会の久保和宏(くぼかずひろ)会長(69)=益田市美都町都茂=は「子どもたちに、郷土(きょうど)出身の偉大(いだい)な人物の人となりを知ってもらうことで、地元のことを一層(いっそう)好きになってほしい」と話しています。

2017年2月22日 無断転載禁止

こども新聞