レッツ連歌(下房桃菴)・2月23日付

挿絵・Azu
◎チラチラと顔色を見る三回目

やっと見合いになれてきたころ (雲南)横山 一稔

家庭教師にママ一目ぼれ    (浜田)勝田  艶

◎あっという間にオスプレイまた飛んで

うちの畑もネット張らなきゃ  (江津)井原 芳政

◎百薬の長は苦いと顔しかめ

徳利傾け覗(のぞ)き込む孫      (松江)桃屋  壽

和尚はひとり仏壇の裏     (益田)石田 三章

◎八十の手習い公民館を占め

道具にだけは惜しまない金   (松江)川津  蛙

見て見ぬフリのハデなお化粧  (益田)竹内 良子

◎読みにくい旧仮名遣い旧漢字

ジジがもらった明治の恋文   (益田)吉川 洋子

積んどくだけの紅露逍鴎    (松江)庄司  豊

祖母の日記の波乱万丈  (埼玉・所沢)栗田  枝

◎先生は園児が囲むおばあちゃん

折り紙あやとりお手玉おはじき (出雲)矢田カズエ

国際線の元スチュワーデス   (松江)森廣 典子

◎とりあえず書いてあることやってみる

チンするだけのおかず五十種  (松江)岩田 正之

医者が勧める腰痛体操     (浜田)松井 鏡子

ブログにあったダイエット術  (浜田)放ヒサユキ

東京大学みごと合格      (松江)山崎まるむ

新手の詐欺だあぶないあぶない (松江)田中 堂太

◎律義者少なくなって減る人口

UIターンに縋(すが)る行政     (出雲)吾郷 寿海

◎苦労する社長訓示のネタ探し

古新聞の連歌切り抜き     (出雲)石飛 富夫

◎老いてなお子に従わず振り込まず

火花を散らす家族マージャン  (益田)石川アキオ

◎おさな子がレッツ連歌に初挑戦

母さん代わってパソコンを打ち (松江)持田 高行

末はハカセと思う親バカ    (出雲)原  陽子

バアはこっそり歳暮中元    (出雲)黒田千華子

◎免許証転ばぬ先に返納し

寝酒朝酒少しずつ増え     (松江)花井 寛子

飲んでも乗れるバスでご帰還  (松江)土江 ユミ

田舎を知らぬ人のお話     (松江)永瀬 秋風

バスは朝夕二便しかない    (松江)植田 延裕

◎早朝の散歩で拾う百万円

ゆうべの雨で解けた大雪    (益田)黒田ひかり

吠(ほ)えずにおくれお利口だから  (江津)岡本美津子

目覚めてすぐに買う宝くじ   (松江)桑谷  夢

          ◇

 「明治の恋文」は、旧仮名旧漢字以前に、筆で書かれた文字そのものが、ふつうはなかなか読めないのじゃありませんか。そういうときは、ご遠慮なくお尋ねください。書き出しは、え~っと、「一筆(ひとふで)申上げまゐらせ候(そろ)」。それから先がおもしろくなるのですが…。

 カズエさんの句は、名詞ばかりズラズラと並べただけ。こんな簡単なこと、だれにでもできますよね。でも、前句がもし「おじいちゃん」だったら、どうしますか。…そうです。そうです。それでよい。それであなたも入選なのです。

 寿海さんの「縋る」が、もし「頼る」だったら、それほどおもしろくはありません。みなさんも、トコトン推敲(すいこう)はなさってください。

 なお、アキオさんの句―、前句の「振り込む」は、マージャン用語でもあったのですね。



 次は、今日の入選句に、長句(五七五)を付けてください。

          ◇

 第5木曜日恒例、3月スペシャルの前句は、

  友がみな我よりえらく見える日々

 前句が長句ですから、こちらは短句(七七)をお願いいたします。

(島根大学名誉教授)

2017年2月23日 無断転載禁止

こども新聞