女子ログ 上京、そして上京

 今回の女子ログから私のペンネームの前にある住所が「京都市在住」から「東京都在住」に変わった。関西から東京に移り、2カ月がたとうとしている。地元の大学を卒業後、やりたい仕事と憧れを胸に、京都に出た。あの頃の私は、数年後にさらに東の都・東京へ移り住むことになるなんて思ってもいなかった。

 もともと私は東京が嫌いだった。私の中で「東京=大都会」で、人が多くて冷たい、ビルが高くて息苦しい、住みにくいなど、偏見を抱いていたからだ。東京に憧れもなく、ましてや自分が住むだなんて想像もしなかった。そんな私が巡り合わせから東京に住み始め、家庭を持とうとしているのだから、つくづく「人生ってどうなるか分からないなぁ」と感じる。

 来てみると、東京はやっぱり大都会だが、スクランブル交差点を通勤する毎日にも慣れてきたし、ビルが高くて息苦しいと嘆いていた風景も、ビルの隙間から見える真っ青な空に感動を覚えるようになった。「住めば都」という言葉があるけど、あんなに嫌がっていたのに人って環境に順応していくものなんだと身をもって感じている。

 さて、またここから新しい生活が始まる。どんな変化があるのだろう。予測できない未来に不安もたくさんあるが、気張らず、目の前の日々、変化に対応していけたらと思う。

(松江市出身、東京都在住・のんびより)

2017年2月28日 無断転載禁止