防護柵設置区間決まる 西日本高速暫定2車線事故抑止へ

 高速道路の暫定2車線(片側1車線)区間の道路中央にワイヤロープ式の防護柵を付ける緊急対策で、西日本高速道路(大阪市)は1日、国が試行路線に選んだ山陰自動車道江津道路(江津市-浜田市、14・5キロ)と中国横断自動車道広島浜田線(浜田道、広島県北広島町-浜田市、56・6キロ)での具体的な設置区間を発表した。

2017年3月2日 無断転載禁止