大川寺 開山1300年祭向け 阿弥陀堂改修へ

 2018年の「大山開山1300年祭」に向け、大山寺(鳥取県大山町大山)は今春、国重要文化財(重文)に指定されている阿弥陀(あみだ)堂(大山町大山)の改修に乗り出す。およそ90年ぶりとなる大規模な改修で、こけらぶきの屋根のふき替えが柱。大山寺支院・圓流院(えんりゅういん)の大館(おおだて)宏雄(こうゆう)住職は「1300年祭の大きなシンボルにしたい」と話している。

2017年3月3日 無断転載禁止