島根・江津拠点ジャズのビッグバンド 25日地元公演

練習に励む「Sol La Si Do Jazz Orchestra」のメンバーら
 島根県西部の音楽愛好家21人が、ジャズのビッグバンド「Sol(ソ)La(ラ)Si(シ)Do(ド)Jazz(ジャズ)Orchestra(オーケストラ)」を結成し、江津市を拠点に活動している。25日にはパレットごうつ(江津市江津町)である「いわみ三つ星コンサート」に出演予定で、本番に向けて練習に励んでいる。

 江津市にビッグバンドをつくろうと、一般社団法人石見音楽文化振興会(同)の田中健一代表理事(45)と楽器店勤務の静間満男さん(63)=江津市二宮町=が音頭を取り、昨年5月に結成。個人や楽団などで活躍する県西部の演奏家らに参加を呼び掛け、同市や近隣市町の20~60代の男女が呼応した。

 メンバーは月1、2回程度、同市都野津町のみずほ楽器江津ホールで全体練習を行い、ピアノ、ベース、サックス、トランペット、ドラムなどの楽器を情感豊かに奏で、曲のテンポやアレンジなどを確認。昨年9月にパレットごうつで開いた初の演奏会では、約160人の観客を熱気あふれる演奏で魅了した。

 25日は、「闘牛士のマンボ」や「イパネマの娘」「ウイスキーがお好きでしょ」など8曲を演奏予定で、県内在住の米国人女性をゲストボーカルに迎えた「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」も披露する。バンドマスターの会社員、原野敏さん(62)=美郷町乙原=は「この地域で聴く機会の少ないフルバンドの演奏を、ぜひ楽しんでもらいたい」と話している。

 いわみ三つ星コンサートは2部構成で、午後6時開演の1部はトロンボーン奏者でエリザベト音楽大(広島市)の若狭和良准教授のステージ。2部が同バンドの公演で、同7時から約1時間演奏する。有料。

 問い合わせは石見音楽文化振興会、電話0855(52)7757。またはパレットごうつ、電話0855(52)7820。

2017年3月9日 無断転載禁止