松江シティ 攻撃サッカー継続、田中監督会見

JFL昇格に挑む就任2季目のシーズン開幕を控え、会見で意気込みを語る松江シティFCの田中孝司監督=松江市役所
 中国サッカーリーグの松江シティFCの田中孝司監督が10日、松江市役所で記者会見し、就任2季目の日本フットボールリーグ(JFL)昇格へ「しっかりボールを持って攻めていく」と改めて攻撃サッカーを掲げた。

 JFL昇格は、クラブ目標の「2020年までのJ3参入」の最初のステップ。昨季は中国リーグ2位に終わり、3季ぶりに、昇格を懸けて地域リーグ覇者で争う全国地域チャンピオンズリーグ出場を逃した。

 4月2日の島根県選手権準決勝や、同16日の中国リーグ開幕に向け、チームは、昨季の4バックから3バックに移行する守備システムの完成度を高めている段階で、新戦力を加えた攻守の底上げを目指し、田中監督は「いいところをどう引き出すか」と話した。

 J2在籍経験のあるFW岡本秀雄ら新加入7人も同席し、意気込みを語った。

2017年3月11日 無断転載禁止

  • 47クラブ