宍道断層 活断層帯指定 島根原発再稼働審査に影響

 中国電力島根原発(松江市鹿島町片句)の南側を東西に走る「宍道断層」について、国の地震調査研究推進本部が「主要活断層帯」への追加指定を決めたことを受け、今後の国などの対応に地元関係者の関心が高まっている。同活断層帯は大地震発生の恐れがあると位置づけられ、島根2号機の再稼働に向けた新規制基準適合性審査に影響する可能性があるためだ。

2017年3月13日 無断転載禁止