鳥取中部地震 風評被害対策 ツアー費用助成継続要望

 藤井比早之国土交通大臣政務官が13日、鳥取県入りし、平井伸治知事や県内観光関係者と、県中部を襲った地震の観光風評被害対策について意見を交わした。観光関係者らは、国と県による観光ツアー費用助成事業「とっとりで待っとりますキャンペーン」の申し込みが2万人に上り効果があったとする一方、助成が終わる4月以降の反動減を懸念し、支援継続を求めた。

2017年3月14日 無断転載禁止