久文建設が「はなれのくらし」販売強化

 久文建設(株)(出雲市大津町、久文秀典社長)の住宅事業部「キュービックホーム」が、離れ専用住宅「庭先近居 はなれのくらし」の施工販売に力を入れている。一戸建ての母屋と同じ敷地内に、子世帯が離れを建築するケースが地元で多いことに対応。生活環境が変わる母屋のリフォームを同時に提案するのも特徴だ。(3月14日付)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2017年3月14日 無断転載禁止