女子ログ せっかくなら

 年が明けてから何度か、頭に浮かんでくる言葉がある。気まぐれなので、毎年何か目標を決めているわけではないが、こうして同じ言葉が浮かぶときは、それに倣って行動しよう、と標語のように心に留めるようにしている。今年は、久しぶりに言葉がやってきた。「せっかくなら」だ。

 余裕がないと思っていると、用事だけ済ませる段取りをしがちになる。ちょっとしか時間がないならやめよう、そのためにわざわざ行くのも面倒だな、と、消極的になることも多かった。

 それが今年の私は少し違う。急な誘いにも「せっかくなら」行ってみよう、どこかに行くのも「せっかくなら」少し時間を延ばしてみよう、じゃあ「せっかくなら」あの人を誘ってみよう、という具合。予定は「せっかくなら」たくさん詰め込まず、余白を残しておいて、ハプニングの「せっかくなら」に備えるのも面白いとたくらむほどだ。

 わざわざそれを心がけているわけではないのに、この姿勢でいるといろんなことがうまい具合に進むように思える。「せっかくなら」という気持ちでいると、もうそれ自体がおまけのようなものに思え、気持ちのハードルが下がるのかもしれない。ひょんなことから新しい世界を知ることもできる。何となく出てきた言葉だが、「せっかくなら」しばらくこの言葉と付き合ってみようと思っている。

 (松江市・ツキ)

2017年3月15日 無断転載禁止