奥大山の水工場 増設完了 風味付き初出荷

 飲料大手サントリーのグループ企業、サントリープロダクツ(東京都中央区)が運営するミネラルウオーター工場「天然水奥大山ブナの森工場」(鳥取県江府町御机)で22日、新たに増設したラインで造った製品が初出荷された。設備増強により、年間販売量が1億ケース(1ケースは550ミリリットル入り24本)を超える清涼飲料水の国内トップブランド「天然水シリーズ」の約4分の1が大山の水で製造され、各地に出回ることになる。

2017年3月23日 無断転載禁止