初の山陰出身対決 隠岐の海に軍配 大相撲春場所

 大相撲春場所は24日、大阪市のエディオンアリーナ大阪で13日目の取組が行われ、島根県隠岐の島町出身の隠岐の海(31)=本名・福岡歩、西前頭八枚目=と鳥取市出身の石浦(27)=本名・石浦将勝つ、同十一枚目=が初めて顔を合わせた。幕内で山陰両県出身力士の対戦は少なくとも大正以降初めて。隠岐の海が、低い態勢で懐に入ってくる石浦の右上手を取って寄り切り、3場所ぶりの勝ち越しを決めた。

2017年3月25日 無断転載禁止