JFL昇格へキックオフ 松江シティ開幕前にファン交流

4月のシーズン開幕を控え、サポーターらにJFL昇格を誓う松江シティFCの田中孝司監督(中央)
 4月16日の中国サッカーリーグ開幕を控え、松江シティFCの選手らとサポーター、スポンサーの交流会が25日、松江市内のホテルであり、2季目の指揮となる田中孝司監督(61)らが、参加者に力強く日本フットボールリーグ(JFL)昇格を誓った。

 松江シティ側は田中監督と新加入の13選手を含む全26選手が出席。サポーターら約70人を前にマイクを握った田中監督が「(昨季2位の)中国リーグで優勝し、JFL昇格が報告できるよう全力で頑張る」とあいさつ。田平謙主将(28)は「今年こそ昇格して喜びを分かち合いたい」と言葉に力を込めた。

 選手たちは写真撮影やサインに応じながら交流。3年前から応援する松江市大井町の会社員、野津佑介さん(39)は「昨年は悔しい思いをした。今年こそは上がってほしい」と期待し、激励した。

 中国リーグは4月から9月まで行われ、優勝チームなどが、JFL昇格が懸かる全国地域チャンピオンズリーグに臨む。

2017年3月26日 無断転載禁止

  • 47クラブ