松江「お城まつり」始まる 本丸彩るぼんぼり

松江城下でぼんぼりの明かりを楽しむ観光客=松江市殿町
 桜の季節に合わせ、松江市殿町の松江城山公園で「お城まつり」が25日、始まった。本丸がぼんぼりでライトアップされ、訪れた人が、開花前の桜と天守が織りなす幻想的な雰囲気を楽しんだ。4月14日まで。

 初日、東京都から観光で訪れ、ライトアップされた本丸を歩いたオランダ人の大学職員カリン・ヒレンさん(56)は「初めて来た。雰囲気が素晴らしい」と話した。

 城山公園管理事務所によると、公園内にあるソメイヨシノなどの桜約190本は、まだつぼみ。31日ごろに開花が始まりそう。

 まつりの期間中、本丸の入場時間を通常より1時間半~4時間遅い午後9時に延長し、桜を満喫してもらう。4月9日までは本丸に花見茶屋を設け、馬溜特設ステージでは歌手永井裕子さんのショー(2日)や安来節新人コンクール(8日)などを開く。

2017年3月26日 無断転載禁止