障害者雇用 山陰両県企業 人手不足背景に最高更新

 島根、鳥取両労働局は、両県企業の障害者の雇用状況調査(2016年6月1日現在)の結果をまとめた。人手不足などを背景に、雇用率は島根県が前年比0・04ポイント増の2・17%、鳥取県が0・12ポイント増の2・11%で、それぞれ過去最高を更新した。障害者雇用促進法に基づき、従業員50人以上の企業に義務付けられた法廷雇用率2・0%を達成した企業の割合は、島根県が前年比1・7ポイント増の66・3%となり、2年連続で全国3位となった。

2017年3月28日 無断転載禁止