遠隔監視でイノシシ捕獲 日野郡対策協システム実証へ

 鳥取県日野郡の鳥獣被害対策協議会(会長・増原聡日南町長)は、イノシシが箱わなに入ったことを電子メールで知らせ、確実な捕獲につなげる遠隔監視捕獲システムの実証試験に乗り出す。受信と同時にパソコンやスマートフォンに映し出されたライブ映像を見ながら一網打尽の瞬間に備え、指示ボタンを押すだけで電磁扉が閉じる仕組み。見回りの手間が省けるなどの利点があり、1年間掛けて捕獲精度を高め、被害多発地帯に投入する。

2017年3月30日 無断転載禁止