B2島根ホーム戦 来場者最多 1部昇格へ熱い声援

過去最高の3176人が来場し、そろいの青のTシャツで客席を染める島根スサノオマジックのファン=松江市学園南1丁目、同市総合体育館
 バスケットボール男子2部(B2)で西地区首位の島根スサノオマジックが1日、松江市学園南1丁目の市総合体育館に2位の広島ドラゴンフライズを迎えたホーム戦で、過去最高の来場者3176人を集めた。会場で配られた、そろいのTシャツを着込んだファンで埋まった客席はチームカラーの青一色。大声援の後押しを受けたチームは72-50で快勝し、残り11戦で4ゲーム差と広げ、地区優勝へ前進した。

 ホームアリーナの同体育館(3399席)でこれまでの最高は昨年4月のTKbjリーグのレギュラーシーズン最終戦で、2896人。今季最高は同9月のB2開幕戦の2226人だった。

 地区優勝の行方を左右する大一番は前売りでチケット約2200枚が売れる注目度の高さ。この日も試合開始3時間前から約700人が列をつくった。ホーム戦は毎試合のように駆け付ける出雲市斐川町上直江の会社員、糸原一彦さん(60)は「こんなに盛り上がれるのは最高。1部昇格を目指して最後まで応援する」と熱い声援を送った。

2017年4月2日 無断転載禁止

  • 47クラブ