山陰経済最前線 改革、待ったなし!

 私たちの働き方が変革の時を迎えている。過労自殺や過労死、正社員と非正社員の格差、女性のキャリアを阻む「ガラスの天井」、介護離職…。労働人口が減る中でさまざまな問題が顕在化し、政府や労使が対策を急ぐ。一人一人の働き手も、仕事との向き合い方をいや応なく見つめ直すことになる。労働・雇用を巡る諸課題の処方箋を探る新シリーズ「変わる働き方」。初回は、人口減少のトップランナーである山陰両県こそ、「働き方改革」は待ったなしであることを考えてみたい。(4月4日付)

全文は「山陰経済ウイークリー」誌に掲載。

2017年4月4日 無断転載禁止