松江・美保関 国譲り神話の青柴垣神事 人手足りず

 毎年4月7日に松江市美保関町美保関である国譲り神話にちなんだ御船(みふね)行事「青柴垣(あおふしがき)神事」を営む人手が足りず、関係者が対応に苦慮している。儀式の始まりを告げ、行列を先導する鎧(よろい)武者や獅子舞など重要な警固(けいご)役6人が確保できていないのに加え、御船の綱引き役も十分でないという。神事を運営する奉賛会関係者は「伝統を守り続けるため、何とか集まってほしい」と懸命に呼び掛けている。

2017年4月5日 無断転載禁止