女子ログ 橋から見た夕日

 先日、浜田漁港で行われた「マリン大橋リレーマラソン」に参加した。マリン大橋を往復する1人3キロのコースを、タスキでつなぐマラソンだ。

 運動不足気味だった私は、半ば軽いノリで、職場のチームメンバー募集に手を挙げた。本番2カ月前の夕方、とりあえずコースを試走してみてびっくり。急勾配な坂の難所がある。そして下から突き上げる強い海風。しわい(しんどい)、しわすぎる。打ち砕かれそうになる心に喝を入れ、必死で橋の真ん中まで走ってきた時、はたと気がついた。日本海に沈む夕日の、なんとまぁ、きれいなこと。海がゆっくりと赤く染まり、大きな夕日に丸ごと体が包み込まれそうな絶景だったのだ。

 そういえば、海辺の町・浜田に住んでいるくせに、ここ最近夕日なんてちっとも見る余裕がなかった。仕事が終わったらまっすぐ保育園に子どもを迎えに行って、ご飯を食べさせてお風呂に入れて、あぁもうこんな時間! 早く寝かせなきゃと追われる毎日。どこにも寄り道せず、家にいることが当たり前の生活になっていた。

 ゆっくりと沈んでいく夕日を拝み、深呼吸した。走って体は疲れているはずなのに、なんだかとても元気になった。こんな時間もたまには必要だなぁと思った。

 本番も無事に終わったが、夕日から安らぎと力をもらいに、またいつか橋を走ろうと思う。

 (浜田市・Faultier)

2017年4月7日 無断転載禁止