幻想夜桜 温泉街彩る 松江・玉湯川ライトアップ

ライトに浮かび上がる玉湯川沿いの桜並木=松江市玉湯町玉造
 桜の名所として知られる松江市玉湯町の玉湯川沿いで、ソメイヨシノが見頃を迎えた。八分咲きとなった7日は、観光客や市民が訪れ、ライトアップされた桜並木の幻想的な光景を楽しんだ。

 玉湯川の両岸に約400本のソメイヨシノが植わり、例年並みの4日に開花。7日の松江市は曇り空が広がったものの、最高気温が21・0度まで上がり、一気につぼみが開いた。午後6時半に投光器が点灯されると、桜並木が日暮れの空に鮮やかに映え、川面を彩った。

 松江観光協会玉造温泉支部によると、満開は9日で、ライトアップは16日ごろまで行われる。

 家族と夜桜見物に訪れた松江市立中央小学校4年の横田あやのさん(9)は「花がきれいで、幸せな気分になれる」と話した。

2017年4月8日 無断転載禁止