淡紅色の花 浮かび上る 美郷で桜並木ライトアップ

ライトアップされ、淡紅色の花が浮かび上がった桜並木
 島根県美郷町沢谷地域を通る県道美郷飯南線沿いに点在する桜が夜間ライトアップされ、見頃を迎えた淡紅色の花が見物客やドライバーを魅了している。15日まで。

 JR三江線の沢谷駅付近から東に約5キロの間で、地元の有志が1987年に約500本を植樹したという。周辺部も合わせて、今では「沢谷三里桜街道」の愛称で親しまれている。

 ライトアップは、沢谷地域連合自治会が2009年から行う恒例イベントで、今年も投光器100基を設置し、3月30日に始めた。点灯期間は8日までを予定していたが、桜の開花が遅かったため、1週間延ばして実施している。

 ここ数日、温かい日が続いたため、一気に花が開いたという。県道沿いの「ふるさとおおち伝承館」にある樹齢約120年のしだれ桜「前川桜」などもライトアップされ、幻想的な雰囲気を醸し出している。照明時間は午後7時から同9時半まで。

2017年4月9日 無断転載禁止