鳥取県知事が方針 手話通訳職員採用へ

 鳥取県の平井伸治知事は13日の定例会見で、2018年春採用の職員募集から、職種・社会福祉に「手話コース」の採用枠を新たに設け、手話通訳の技能を持つ人材を採用する方針を示した。社会福祉部門の業務を担いながら、障害者施策の充実や、聴覚障害者への対応などに一役買う。

2017年4月14日 無断転載禁止