美郷・JR三江線 沿線彩る春2色

菜の花畑と桜並木の間を走るJR三江線の列車=島根県美郷町熊見で撮影
 島根県美郷町沢谷地域のJR三江線沢谷駅南側の一帯で、黄色い菜の花が見頃を迎えた。線路を挟んで向かい側の桜並木と華やかな色彩のコントラストを演出し、訪れた見物客や列車の乗客らを楽しませている。

 一帯に広がる菜の花畑は計約50アール。油を搾って加工品づくりに取り組むため、同地域連合自治会などが2013年9月、休耕田を利用して栽培を始めた。春には黄色いじゅうたんのように花を咲かせ、鮮やかな景観をつくり出している。

 同地域を通る三江線の線路沿いには桜並木も点在。菜の花と桜、三江線の列車を同時に写真撮影できる場所もあり、晴天に恵まれた13日は列車の通過に合わせ、カメラのシャッターを切る鉄道ファンの姿もあった。

2017年4月14日 無断転載禁止