16日浜田で神降臨祭 神楽の「十八番」一堂に

 第7回石見の舞い「神降臨祭(しんこうりんさい)」が16日、島根県浜田市黒川町の石央文化ホールで開かれる。「神楽十八番(おはこ)」を大会テーマに、島根県西部と広島県から7神楽団体が一堂に集まり、定番の「大江山」「鍾馗」や独自の創作演目など計7演目で得意の舞を披露する。

 大会は、石見神楽の振興と地域活性化を目的に、同市内の10企業・団体でつくる実行委員会が主催する。

 出演するのは、土江子ども神楽団(大田市)▽都治神楽社中(江津市)▽三谷神楽社中(益田市)▽琴庄神楽団(広島県北広島町)▽石見神楽長沢社中(浜田市)▽松原神楽社中(同)▽後野神楽社中(同)。

 午前8時半開場、同9時半開演。前売り券は一般1500円(当日2千円)、大学生以下1千円(同1500円)、未就学児は無料。問い合わせは山陰中央新報西部本社内の神降臨祭実行委員会事務局、電話0855(22)0109。

 【プレイガイド】

 石央文化ホール、ゆめタウン浜田、JR浜田駅市民サロン、道の駅ゆうひパーク浜田(浜田市)、神楽の里 舞乃市、江津市総合市民センター、江津市観光情報センター(江津市)、島根県芸術文化センター「グラントワ」、キヌヤ益田ショッピングセンター(益田市)、大田市民会館(大田市)、島根県民会館チケットコーナー(松江市)、ブックセンタージャスト石見地方各店、山陰中央新報社(松江本社・西部本社・広島支社・出雲総局・益田総局・大田支局・江津支局・川本支局・邑南通信部)、ローソンチケット電話0570(084)006 Lコード63072

2017年4月15日 無断転載禁止