松江シティFC株式会社設立 J参入へ経営基盤強化

 サッカーのJリーグ参入を目指す、松江シティFC(中国リーグ)の運営母体となる「松江シティFC株式会社」が20日、設立された。資本金850万円で、社長に、チームゼネラルマネジャーの鈴木恵朗氏(58)が就任。将来のJ参入に向けた経営基盤強化などが設立目的で、現在運営に当たるNPO法人「松江シティスポーツクラブ」から年内をめどに事務を引き継ぐ。

2017年4月21日 無断転載禁止