インド、落雷で76人死亡 雨期で激しい嵐

 21日、インド北部ウッタルプラデシュ州ラクノーで、ヨガのマットで雨をしのぐ人々(AP=共同)

【ニューデリー共同】インド東部ビハール州各地や北部ウッタルプラデシュ州などで21日から22日にかけ、雨期に伴う豪雨や嵐が発生し、災害対策当局によると落雷で少なくとも76人が死亡した。大手紙ヒンドゥスタン・タイムズが22日、伝えた。

このうち、ビハール州では州都パトナやパトナ周辺を中心に56人が死亡した。インド東部や北部は平野が広がっており、雨期の落雷が農作業中の住民を直撃する被害が少なくない。

インドでは毎年数千人が落雷で死亡している。

共同通信社 2016年6月22日 無断転載禁止