石見銀山 たんけん隊 <1時間目>

世界遺産の一例。左上から時計回りにピラミッド(エジプト)、万里の長城(中国)、アンコールワット(カンボジア)
 大田(おおだ)市にある「石見銀山遺跡(いわみぎんざんいせき)とその文化的景観(けいかん)」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されて、今年の夏で10年を迎(むか)えます。石見銀山の歴史や暮(く)らしなどについて、石見銀山資料(しりょう)館(大田市大森町)の藤原雄高(ふじはらゆたか)学芸員(35)を先生役に一緒(いっしょ)に学びましょう。

 これから藤原先生のもとで石見銀山遺跡について学び始める、さとるとしおり。1時間目は世界遺産について考えてみよう。

    ※      ※   

 平和願う気持ち込めた世界遺産

 先生 今年、大田市の石見銀山遺跡が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されてから10周年を迎えるよ。世界遺産には、地球の歴史的な成り立ちを表す自然遺産と、人類の歴史を示(しめ)す文化遺産と、その両方の特徴(とくちょう)を持つ複合(ふくごう)遺産があるんだ。2人は世界遺産というと、どこを思い浮(う)かべるかな?

 さとる ぼくはピラミッド(エジプト)や万里(ばんり)の長城(ちょうじょう)(中国)とか……。人類史上最大の建物って言われているくらい大きくてすごいところっていうイメージがあるな。

 しおり 私はアンコールワット(カンボジア)やモンサンミシェル(フランス)。キレイですてきなところだよね。日本とは習慣(しゅうかん)や文化がまったく違(ちが)うところがおもしろいよね。

 先生 2人ともいい視点(してん)だね。実はそこが、世界遺産として大きな意味を持っているところだよ。

 さとるしおり どういうこと?

 先生 世界遺産が登録されるユネスコの憲章(けんしょう)(1945年)の前文には、こんなことが書かれているよ。

  ~戦争は人の心の中で生まれるもの であるから、人の心の中に平和のと りでを築(きず)かなければならない。相互(そうご) の風習と生活を知らないことは、人 類の歴史を通じて世界の諸人民(しょじんみん)の間 に疑惑(ぎわく)と不信をおこした共通の原因(げんいん) であり、この疑惑と不信のために、 諸人民の不一致(ふいっち)があまりにもしばし ば戦争となった。~

 先生 つまり、これまでは相手の価値観(かちかん)や文化を知らなかったことから、疑(うたが)いの心が生まれて、争いが起こったとしているんだよ。そこで二度と戦争の悲劇(ひげき)を繰(く)り返さないためにも、地球や人類の歴史にとって重要な自然や遺跡や景観を世界遺産として登録して保護(ほご)することで、文化の多様性(たようせい)を尊重(そんちょう)する、平和な世界を築いていこうと考えているんだよね。

 しおり そうかぁ。世界遺産には世界平和の願いが込(こ)められているんだね。

 さとる ん、もしかすると石見銀山遺跡にも同じようなことが言えるのかな?

 先生 そうだよ。石見銀山遺跡も人類の歴史にとって、とても重要なところなんだ。それが何なのかをこれからみんなで勉強していきましょう。

 さとるしおり は~い。

 =もっと知りたい=  世界遺産っていくつあるの?

 2017年4月現在(げんざい)、世界遺産は1052件(けん)(自然遺産203件、文化遺産814件、複合(ふくごう)遺産35件)あるよ。日本では自然遺産4件、文化遺産16件が登録されているんだ。

 (石見銀山資料館学芸員・藤原雄高)


 ※ ※ ※

 藤原雄高(ふじはら・ゆたか) 1981年、雲南(うんなん)市生まれ。松江南(まつえみなみ)高出身。奈良(なら)大文学部史学(しがく)科卒。2008年から石見銀山資料館学芸員。研究分野は日本近世史(きんせいし)、地域(ちいき)社会史。

2017年4月5日 無断転載禁止

こども新聞