松江市が常勤弁護士採用 山陰両県市町村で初

 松江市は1日、山陰両県の市町村で初めて、行政職員として常勤する弁護士1人を採用した。市政に関する訴訟事案や不当要求への対応強化、職員の法務能力の向上が目的で、市内で企業内弁護士を務めた中川修一さん(41)に法務専門官(課長級)の辞令を交付した。市は9月をめどに県外在住の女性弁護士の採用を計画している。

2017年5月2日 無断転載禁止