女子ログ 東京は日本の縮図か

 東京渋谷にある職場からの帰り、いつもなら駅との往復のみで寄り道などしないのだが、その日は用事があって違う道を歩いた。

 まだ東京に慣れていない私。地図アプリを見て右往左往しながら、目的地を目指した。そうして歩道橋を上った先にある、開けた場所に出た。

 高架の上の空間なのに、緑があり、広々とした公園があった。若者が数人、ベンチでMac(パソコン)を片手に音楽を聴いていた。彼らのすぐ横にはボルダリングの屋外施設があり、にぎわっていた。時間帯はすっかり夜だが、ライトアップされて暗いのも気にならない。まるで屋外テーマパークのようで楽しい気分になった。

 だが、そこを通過しようとちょっと進んだすぐ先に、多くのホームレスの人たちが住んでいるのを見た。先ほどの風景とは一気に変わり、明かりもなく、静けさに包まれていた。

 振り向くと、にぎわう人たちとホームレスの人たちが視線の中に同時に映る。屋外テーマパークの先の現実。東京ではよくある風景なのかもしれないが、島根では見ることがなかった風景に、心が動揺する。日本の経済格差の縮図を見た気がした。

 まだまだ東京には慣れないし、心が動揺する場面も多いけれど、少しずつ慣れるだろう、と自分に言い聞かせる今日この頃だ。

 (松江市出身、東京都在住・のんびより)

2017年5月3日 無断転載禁止