ネット回線変更勧誘に注意

【相談】

 現在光回線を契約中のNTT西日本の関連会社と思われるところから、「回線料とプロバイダー料が一本化されることになったので、インターネットの料金が安くなります」と電話があった。てっきり新サービスの案内だと思って手続きをしたが、後から届いた書類で全く別業者と契約していたことが分かった。解約したい。


【アドバイス】

 2015年2月1日から、NTT東西専用光回線サービスの、他社への転用(NTTから他業者への契約変更)が可能となり、多くの事業者が転用を受けた光回線と、プロバイダーや携帯電話などを組み合わせた独自のサービスを開始しました。当時から説明が不十分で多くの苦情が発生しており、2年たった現在もまだまだ問題のある勧誘が続き、相談が絶えません。

 「NTTの光フレッツを現在ご利用中ですね。その関係でお電話しました」「プロバイダーが必要なくなります」「光回線とプロバイダーの料金が一本化されることになったので、インターネットの料金が千円安くなります」「手続きに必要な番号をとってもらいますのでNTTのホームページを開いてください」

 こうした説明で、あたかもNTTに関係する会社だと勘違いさせ、転用に必要な承諾番号をとらせ、手続きに入ります。「こちらで番号を取りましょうか?」などと言って、違反行為をする事業者もいます。転用の意味が分からず、これまでのプロバイダーと二重払いになっていたというケースもあります。

 この転用の契約は初期契約解除制度といって、契約書面を受け取ってから8日間は契約をやめることができます。おかしいなと思ったら、まずは消費者センターにご相談ください。

 ……………………………

 ★消費者ホットライン=電話188(いやや!) お近くの消費者センターにつながります。


■島根県消費者センター 電話0852(32)5916 ■同石見地区相談室 電話0856(23)3657

2017年5月4日 無断転載禁止